2011年03月30日

東屋の主



店の裏側にあるバハイクボ7棟、その中心にはマンゴの木がある。時期になれば実をつける、それを収穫しようと待っている人も・・・・・。私がこの店を賃貸する時には既にここにあったマンゴの木、このバハイクボで食事をしたお客さんをずっと見守っている。この南国ではマンゴは何処でも育つ、日本の何処かでマンゴ1個が?千円なんて話もあったが、フィリピン庶民にとってはマンゴはいつでも何処でも食べられるフルーツである。
CIMG0165.jpg
そう言えばここではカリフォルニア巻きが好んで食べられるが、マンゴを中に巻いたこの巻き寿司?オリジナルはアボカドとタラバガニを巻くのだそうであるが、ここでは中身はカニカマとマンゴである。カリフォルニア巻きではなく、フィリピン巻きといってもいいだろう。
posted by ショウタ at 10:27| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。