2011年04月01日

餃子作り



最近は従業員全員で餃子を作る。はじめは包み方も満足ではなかったが、ここのところ皆馴れたのか全て同じ大きさできちっとした形になっている。元来この餃子の形そのものは中華の飲茶に代表されるように、ここフィリピンでも馴染みがあるようだ。まあ違うのは餡と調理法であるが、時にお客さんから何故片面だけ焼いてあるのかと質問されるが、本当のところ何故なのかは私も解らないし、中国の水餃子を焼いたのが始まりだということぐらいしか知識がない。

飲茶は数種類の餡を数種類の皮で包む、しかしそれほど種類はないし、餃子は全くそれとは異質の物のような気がする。うちではニラと挽肉とキャベツをを使うが、店により、人により、餡の作り方も分量も、もちろん違うだろうが、なんといっても野菜の量が多いのは餃子に適わないだろう。それが故フィリピーノのお客さんも日本の餃子なのだと区別は出来るだろう。
CIMG0169.jpg
ここのところ、この餃子もお馴染みさんの間では定番化しており、餃子とチャーハン、餃子とラーメンなんて組み合わせの注文が多くなった。まるで日本の食堂のような注文の仕方になってきているが、ピノイもやはりしっくりした組み合わせは分かるのだろう。それにしてもニンニクたっぷりのうちの餃子、カップルで来ているお客さんも多い中、沢山食べた後で匂いは気にならないのだろうかと余計な心配をする私である。

しかしこのデジブックって文章が要らないほどストーリー化出来るんだな・・・・難点は無料版だと写真の保管が30日だけ、結局有料版にしろということを匂わせているのだろうな。
posted by ショウタ at 00:41| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。