2011年04月22日

閑散とする街

006.JPG
 
ALAVANG ZAPOTE ROAD 歩道橋上から
007.JPG
 
ホーリーウィーク休暇の初日、街はいつもの喧騒と違い静かなものである。モールや商店も休みに入り、人々は生まれ故郷や他の親戚の元へ、そうでない人たちは海や山へ行楽に出かける。私達も例に漏れず近くのスイミングプールへ・・・・・・・・。
 
段取りは全てスタッフに任せたのだが、過去幾度となくこのようなケースがあったが、又しても・・・・・・・失敗だった(汗)まず場所の選定、元々比較するということに馴れていない彼女達、早い話食べて騒げればそれでいいのだ。食料も必然的に腹が満たせればそれでいいということになる。
 
現場に着いた瞬間・・・・・・・・・・。30分程かけて行った小さな溜池が3個あるような小さな施設、何よりも清潔感が・・・・。しかも予約を入れたという席はプラスチックの椅子とテーブル、屋根がないのでカンカン照りの中で座らなければならない。繰り返し客が’回転しているにもかかわらず飲み食いして散らかりっぱなしのプール脇は恐ろしく汚れている。
 
一番いいのはプールの中と思いきや、丁度プールの清掃の時間とやらで一時間は入れない。仕方なしにテーブル席の周りだけでも掃除をしてくれとリクエストをし、まあ小奇麗にはなった。それから食事タイムが始まったのだが持っていった食料を見た・・・・・・・・・・。きっと人はこれを文化の違いと呼ぶのだろう。ご飯は炊いた釜ごと持参、例のごとく炊いた飯はそのまま攪拌せずに固まりっぱなし、それをべこっと塊で皿に盛り、おかずは・・・・・・。
 
炭や焼くものも持参して行ったのだが私は予感があったので、集合場所であったパレンケでトウモロコシをししこたま買い込んでおいた。結局その焼きトウモロコシを肴に皆が帰る時間までひたすらビールを飲み続けるしか手はなかった。まあ全て地元の人間の中で私一人が日本人、そこで文化の違いを説いても仕方がないので皆がすることに同調していたが、そこで思ったのはまず計画性がなさ、事前に段取りを済ませるということは全くしない。
 
普段どおり飯を炊き、それを丸ごと現場に持っていく。おかずも近くの食堂に行き、出来合いの物を買う。早い話、家で生活している状況が場所を代えたというだけのことである。昨年のこの時期は知人の同業者達とスービックに行った。その際はその知人と私とで仕込みや仕入れを済ませ準備万端で焼き鳥や鍋物、カレーライスなどを現場で調理したのだが、一緒に行った現地の人間は何が始まるのかと目を丸くして見ていた。
 
掛かった経費は昨年と同じ程度、内容は・・・・・・・。しかし相当前の話になるがフィリピンに来がけの頃に家族や知り合いと一緒にこうした場所に出かけるケースが多かったが、いつもこのような感覚があった。つまりフィリピン人の楽しみ方というのは場所を変えただけ、とどのつまり誕生パーティーにしろ結婚式にしろ、洗礼式等々全てが飲み食いをして騒ぐ、内容は全て同じなのだ。
 
この手の催しものは年に何回もあるだろう。その度に同じ金をかけるならもっと違う形式で・・・・・と思うのは我々の日本人が思うだけのことで現地のフィリピーノはこの決まりきった形でないと満足しないのだろう。とにかくそこには、味など度外視した、たらふく食べる食料と会話など出来ないほどの音量のでかい音楽、それに合わせて時折踊る、これがフィリピーノにとっては至福の時なのである。
 
『郷に入れば郷に従え』それがフィリピンで暮らす上ではこういうことなのだろう・・・・・・・しかし経費はほとんどこちら持ちだということも、大概は例外ではない。
012.JPG
※集合場所のパレンケ
 
それにしてもプールでの水着姿の女性を少しは期待していたのだが、これも20年前とは少しも変わらずTシャツに短パン、これだけは何とかならないものだろうか・・・・・。
020.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ショウタ at 13:39| Comment(17) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。