2011年04月29日

侵入者

003.JPG
 
先週の出来事であるが、アパートの隣の家から自転車が盗まれた。朝方の出来事だったらしいが、このゲート乗り越えて侵入、まんまと自転車をせしめられたということだ。
 
隣の住人は建築請負の仕事しており、早速ゲートの上にこのような有刺鉄線を張り巡らせた。何か小規模な刑務所を連想させられるが、フィリピンでは大概の家でこのような対策を施してある。
 
やはり盗む者より盗まれる者が悪いということの現われか・・・・。それと同時にゲートのロックも厳重になり、鍵を2重に掛ける事になった。おかげで鍵が又増え、店の鍵と合わせると合計で18個の鍵を毎日持ち歩かなければならない。
 
最近では手口が巧妙になり、エアコンを取り付ける開口部から子供や、挙句は訓練した猿まで使い、内部から鍵を開けさせるという例もあるようだ。盗まれた自転車を私はいつも見ていて知っているが、どう考えても高額な物とは思えない程、古かったという記憶がある。
 
ここ最近この下ゲートの前に自動車用品を売る店が出来たばかりだが、その分人が集まり、内部を観察する人間も増えた可能性も高い。それにしてもこの油断もすきもないフィリピンでの暮らし、こうしたセキュリティー対策はフィリピン暮らしでは生活と一体化していることに、何も不自然を感じない自分がそこにいる。
 
被害届けなど出したところでこのような出来事が日常茶飯事、仮に警察が動いたところで対応しきれないだろう。罪を罪と思っていないのかそれとも無い者に物が流れるのは当然、仕方がないという諦めなのか・・・・・・・・・。サリサリストアの鉄格子も考えてみれば日本で言うところの昔の3文店のような商品構成でも盗まれたらダメージはあるが、それが故の無言の対策なのだろう。
 
 
004.JPG
 
 
posted by ショウタ at 11:06| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。