2011年04月11日

卒業だね

本日は店の定休日であったが、日本からの留学生たちが学業を修了して帰国すると言うことで『GOOD BYE PARTY』をするとのことで当店のバハイクボで行った。
EYP_35206_Southville_01_LAS_PINAS_ISO77_normal.jpg
開店してから約9ヶ月が過ぎようと言う当店に、ほとんど毎日のように食事に来てくれた彼ら、どのような思いで日本に戻るのか、野球を通してフィリピンに来たと言う彼ら、私自身は彼らののユニフォーム姿を見た訳ではないが、スポーツマン特有の挨拶をハッキリとする姿には好感が持てたものである。
 
元来少年たちで純粋の日本人は今まで数度しか見かけたことは無かったが、同じような生徒達がこれからも来るという確立はかなり低いだろう。日系の生徒たちも含め韓国やヨーロッパ系の国の生徒達に入り混じり、どのような授業を受けていたのかはちょっと想像がつかないが、この学校の特色としては校内では全て英語会話と言うことらしい。
 
彼ら自身もクラスメイトと話す際は英語を流暢に話していたが、同年代の日本の学生達から比較したらかなりの英語能力なのではなかろうか・・・・・・・・。しかし今の日本に帰国して、これから就職活動をするとは言っていたが果たしてどうなるのか、毎日顔を合わせていた生徒達だけに気になるところでもあるが、何とかこれからの人生の道を切り開いて行って欲しいというところでもある。
 
 
 
 
 
 
posted by ショウタ at 03:33| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

あれ〜名前が書き込めない。如何したのだろう?

 前お話していた生徒たちですね、一度元気よく、挨拶して、店内からバハイクボ内に消えてゆきましたが、これから社会人となり、大吉の思い出は心の中に抱いてゆきますね、

 いつのひか、又思い出探しの旅に訪れると思います。目先の損得だけでなく、送別会を開いてあげた優しいショウタサンの心は通じた筈です。こうした行いは、必ず報われます。

 此れからもその優しさを、持ち続けて下さい。嬉しくなりました。 大阪から、ダニエル
Posted by at 2011年04月11日 09:50
こんにちは、大阪のダニエルさん。

日本の学生達と比較して何処がどう違うのかは良く判りませんが、彼らは単独でフィリピンに留学して2年間の学業を全うした。周りの友達同士の支え合いもあったのでしょうが、食事だけでも日本風の物と思って接していました。親は大変だったでしょうが、彼らがフィリピン生活で得た物はきっと何かの役に立つと思います、いやそう願いたいですね。

Posted by ショウタ at 2011年04月11日 11:30
こんにちは、以前お世話になったものです。

昨夜(4/10)夜7時頃、マクド横(カシミーロ)のお店にお伺いいたしましたが、
電気が付いておらず、残念ながら、お伺いすることが出来ませんでした。

日曜日は通常お休みですか?

恐れ入りますが、又お伺いできれば、させていただければと思っておりますので、
営業時間や定休日をお知らせいただければ幸いです。

よろしくお願い致します。
Posted by TACKY at 2011年04月11日 13:47
青春の一里塚を外国で暮らした経験は後々、何かと役に立つと
思います。

言葉の習得以前に海外では好むと好まざるとにかかわらず
自立性の芽を宿してしまうんですね。

どんな会社に就職するにしても、きっと役立と思います。

しかし羨ましいですね。近くにショウタさんの店があって。
味の食生活は保障されましたしね。
Posted by Bony at 2011年04月11日 16:29
こんばんは、ショウタさん、皆さん。

もうすぐ還暦の私には、物凄く羨ましい青年達ですよ。
私には望むべくもなかったことです。そんな時期を持ちたかったけど・・・。
私の世代ですと、大学進学が少数であり、ましてや留学となると、私の周りには一人もいません。時代なんですね。いい経験を生かして欲しいです。

野球で思い出しましたが、フィリピンと日本の試合をTVのダイジェストで見た事があります。7回だったかのコールドでしたが、野球をすることなどないフィリピンの選手達が、けっこう頑張っているのに感心した事があります。
野球はお金がかかりますからね。ボール一個のバスケットの方がやり易いんでしょうね。
Posted by turu at 2011年04月11日 18:53
TACKYさん、こんばんは。

わざわざお越しいただいたのに申し訳ありませんでした。
普段は日曜日が定休日なのですが、昨日は裏のバハイクボで送別会をやっておりました。

夕方6時には終了したので、従業員を帰し、閉店しておりました。
宜しかったらHPをご覧になってください。
http://asohos.jimdo.com/

よろしくお願いいたします。
Posted by ショウタ at 2011年04月12日 03:13
Bonyさん、こんばんは。

>自立性の芽を宿してしまうんですね。

私もそう思いました。日本からの仕送りで暮らしていたんでしょうが、何か仰るような自立性を感じました。

寮を訪問しましたが、内部には食堂もあり生活するには不自由のない暮らしぶりだと思いましたが、やはり日本の食事が恋しかったのでしょう。一日に3度も来ることがありました。

Posted by ショウタ at 2011年04月12日 03:26
turuさん、こんばんは。

私も英語能力が乏しいので『Good by』になってしまいました。
Good byeが正解ですね(汗)

>私には望むべくもなかったことです。そんな時期を持ちたかったけど・・・。

以前に20代の若者達が一軒家を借りてこちらに集団で住んでいたことがありました。引きこもりの若者達だったそうですが、何か違うのでしょうかね、フィリピンで暮らすと・・・。ただそれを段取りした日本人の大人たちには何か奇妙なものを感じましたが・・・・気のせいかな。

>フィリピンの選手達が、けっこう頑張っているのに感心した事があります。

指導者たちはフィリピン人だと言っておりましたが、結構な数のチームがあるらしいです。対抗試合などもしょっちゅうやっていたようです。



Posted by ショウタ at 2011年04月12日 03:43
有難うございます、拝見させて頂きます。
又、都合をあわせお伺いさせて頂きたいと存じます。

その際はよろしくお願いします。
Posted by TACKY at 2011年04月12日 10:54
TACKYさん、こんばんは。

お越しくださるのをお待ちしております。
こちらこそ宜しくお願いいたします。
Posted by ショウタ at 2011年04月13日 01:08
ショウタさん、こんにちは。

帰国して、三ヶ月、やっと日本の生活に慣れてきました。一年六ヶ月の夢のような生活から、抜け切るのに、三ヶ月も掛かってしまいました。日頃から、変化のある日本ですが、3月11日に起きた、地震と津波それに原発の事故で大きく変化している日本です。復興は、間違いなくできると思いますが、時間が掛かりそうです。ショウタさんのブログを楽しみに、そして励ましにし、僕もブログの更新をしようと思います。今まで同様に宜しくお願いします。
Posted by 正木 和美 at 2011年04月13日 15:18
ショウタさん、こんにちは。

やっと、日本の生活に慣れてきました。一年六ヶ月の夢のようなフィリピン生活から、抜け出すのに、三ヶ月も掛かりました。もう大丈夫です。以前のように、ブログを更新したり、コメントしたりの生活ができると思います。帰国して、日本の生活に慣れない内に、日本は大変な災害にあっています。3月11日に起きた、地震、津波それに原発の事故、想像を絶する出来事です。必ず復興すると思いますが、時間が掛かりそうです。
Posted by 正木 at 2011年04月13日 15:32
正木さん、お久しぶりです。

私もしばしば正木さんのブログを覗いておりましたが、更新されておらず心配しておりましたが、フィリピンからの帰国、やはりリカバリーまでに時間が掛かりましたか?(笑)

>地震、津波それに原発の事故、想像を絶する出来事です。必ず復興すると思いますが、時間が掛かりそうです。

私も日本人の国民性を信じて必ず復興できることを心から願っております。
こちらこそ又よろしくお願いいたします。

Posted by ショウタ at 2011年04月13日 23:54
こんばんは、ショウタさん。

ショウタさんがロマンチストだと、よぉ〜〜〜く判りました!!

ここ数日、PCのトラブルでネットに入れませんでした。
今、復旧です。
またお騒がせさせていただきます。

申し訳アリマセンでした。そして、有難うございました。
Posted by turu at 2011年04月14日 18:00
turuさん、こんばんは。

>ショウタさんがロマンチストだと、よぉ〜〜〜く判りました!!

ハハハッ、年をとってきたら何か自分が変わってきたのが判ります(笑)
PCのトラブルですか、まあ機械ですからね、解決してよかったです。
Posted by ショウタ at 2011年04月15日 01:24
バギオはベンゲット州の中にあります。
昨年の5月、いつものようにバイクで郊外をブラブラしていたら野球をやっているところに出くわしました。
フィリピンで野球をやっているのを観るのは珍しいので近寄ってよく観ていたら、これはベンゲット州内の学校の体育会だったのですね。
陸上競技やバスケットなども行われており、野球は単にその一つのメニューだったのですわ。
学校毎の対抗戦でした。
ヘー、野球がこんなに浸透しているのかと驚きましたよ。
普段はほとんど見かけないのですがね。
Posted by 保太郎 at 2011年04月15日 13:31
保太郎さん、先日はどうもありがとうございました。

私の少年時代は野球をやらなければ仲間はずれというような雰囲気がありました。
今はサッカーでしょうかね。

フィリピンでは野球はやはりマイナーなんでしょうかね、まだまだ・・・・。
即収入に繋がるビリヤードやボクシングなんかが人気があるんですかね。

バギオで野球ですか・・・・涼しいからいつも春の高校野球大会ののようでいいと思うにですが
やはりチームプレイを要するスポーツは苦手なようですね。
Posted by ショウタ at 2011年04月16日 16:52
何度もこの写真を見てるとは思うがまったく記憶に無い。(恥
と言うか!車の運転で必死だったので視界に入らなかったのだろう!

震災や原発
冗談半分で原発作業員の募集を探してみましたが・・・
ネットで応募も試みましたが返信は有りません。
日本のために頑張りたいのですが(笑い

Posted by 未練たらtら at 2011年04月16日 18:09
未練たらたらさん、こんばんは。


>何度もこの写真を見てるとは思うがまったく記憶に無い。

この看板今はまだ復旧していないのです実は・・・・
例の台風『オンドイ』の時に破損したまま復旧していないようです。

台風以前の写真なのです。
そのせいもあるのではないですかね。

仕事はまだありませんか・・・・・。
Posted by ショウタ at 2011年04月17日 01:07
こんばんは、ショウタさん。

エヘヘ、今夜放送の「仁」を観ました。
面白いですよ〜!
羨ましいでしょ、と言いたいですが、ある意味でフィリピンで暮らすのは「仁」を実践してるような気がしています。大変な事もあるのでしょうが、楽しい事も多いのでしょうね。頑張ってくださいね。

CDは車の中で聴かせてもらってます。
フレディ・アギラの曲は大体聴いた事がありますので、ハミングはできます。
何を唄っているのかは判りませんけど・・・。
タガログ語を覚えようかな、と思って、もう何年になるか、はぁ〜。
ちっとも実行できません。
Posted by turu at 2011年04月17日 23:23
こんにちは、turu さん

>今夜放送の「仁」を観ました。

最後がどうなるのか非常に興味のあるところです。

>ある意味でフィリピンで暮らすのは「仁」を実践してるような気がしています。

浦島太郎です(汗)

>フレディ・アギラの曲は大体聴いた事がありますので、ハミングはできます。

彼のようなプロテストソングを歌う歌手はあまりいませんね。

Posted by ショウタ at 2011年04月18日 11:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
商品紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。