2011年04月19日

食材

005.JPG
 
以前日本品質の卵を仕入れて使っていたが、黄身がオレンジ色をしており生食も出来るとのことであったが、これはそれに匹敵する。
同じく黄身がオレンジ色で殻は洗浄してあるそうである。
 
往々にしてこちらのマーケットで買う卵は糞だらけの物もあるが、それを新鮮と勘違いする場面もある。しかし殻についた雑菌はどう考えても清潔とは言いがたい。このバウンティー・フレッシュエッグはネイティブ・エッグやビタミン・エッグその他多種の品揃えがある。因みに値段は普通の卵の倍ほどの値段であるが、もしかして日本より高いのか・・・・・・・。
004.JPG
 
 
その卵を使った冷やし中華であるが、盛り付けが雑なのは私個人で食べる為に作ったせいでもある(笑)これも地元で販売している胡麻を煎り半日がかりですり鉢で練った練り胡麻を使ったたれの冷やし中華である。トマトとはバギオ産、きゅうりはバタンガス産、ハムとカニカマはスーパーのローカル物、麺はこちらで日本の物に似せて打ったフィリピン産、日本の物は粉辛子だけである。
006.JPG
 
 
一本物のキハダマグロを解体したものだが、血合い付き、これは賄い食になる。日本人のプロの調理人だったら、これも立派にメニューに加えるだろう。
 
003.JPG
 
SMのスーパーでも一本丸ごとのマグロを解体していた。週に一回入るか入らないかであるが、入ったその日に解体した物はそこそこいけるのではなかろうか・・・・・。
 
001.JPG
 
 
 
中華火鍋材料、こちらではしゃぶしゃぶといっているが、早い話おでんに似たような調理法である。(具材もおでんだろ)イカ団子に海老団子、カニカマにチキンボール、竹輪もある。
 
008.JPG
 
先日知人で当店のお客さんでもあるシンガポール出身の中国人が店に自家製の魚のすり身を持ち込んだことがあった。魚はイトヨリダイを使用したそうであるが、この魚はこちらではダラガン・ボケッドと呼ばれている高級魚だが、これですり身を作ったらいったいいくらになるんだろう販売価格は・・・・・・・しかも全くつなぎは入れなかったそうだ。(生臭くて塩辛かったが塩抜きをして食べたら美味かった)
 
 
 
 
 
posted by ショウタ at 12:28| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

卒業だね

本日は店の定休日であったが、日本からの留学生たちが学業を修了して帰国すると言うことで『GOOD BYE PARTY』をするとのことで当店のバハイクボで行った。
EYP_35206_Southville_01_LAS_PINAS_ISO77_normal.jpg
開店してから約9ヶ月が過ぎようと言う当店に、ほとんど毎日のように食事に来てくれた彼ら、どのような思いで日本に戻るのか、野球を通してフィリピンに来たと言う彼ら、私自身は彼らののユニフォーム姿を見た訳ではないが、スポーツマン特有の挨拶をハッキリとする姿には好感が持てたものである。
 
元来少年たちで純粋の日本人は今まで数度しか見かけたことは無かったが、同じような生徒達がこれからも来るという確立はかなり低いだろう。日系の生徒たちも含め韓国やヨーロッパ系の国の生徒達に入り混じり、どのような授業を受けていたのかはちょっと想像がつかないが、この学校の特色としては校内では全て英語会話と言うことらしい。
 
彼ら自身もクラスメイトと話す際は英語を流暢に話していたが、同年代の日本の学生達から比較したらかなりの英語能力なのではなかろうか・・・・・・・・。しかし今の日本に帰国して、これから就職活動をするとは言っていたが果たしてどうなるのか、毎日顔を合わせていた生徒達だけに気になるところでもあるが、何とかこれからの人生の道を切り開いて行って欲しいというところでもある。
 
 
 
 
 
 
posted by ショウタ at 03:33| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

餃子作り



最近は従業員全員で餃子を作る。はじめは包み方も満足ではなかったが、ここのところ皆馴れたのか全て同じ大きさできちっとした形になっている。元来この餃子の形そのものは中華の飲茶に代表されるように、ここフィリピンでも馴染みがあるようだ。まあ違うのは餡と調理法であるが、時にお客さんから何故片面だけ焼いてあるのかと質問されるが、本当のところ何故なのかは私も解らないし、中国の水餃子を焼いたのが始まりだということぐらいしか知識がない。

飲茶は数種類の餡を数種類の皮で包む、しかしそれほど種類はないし、餃子は全くそれとは異質の物のような気がする。うちではニラと挽肉とキャベツをを使うが、店により、人により、餡の作り方も分量も、もちろん違うだろうが、なんといっても野菜の量が多いのは餃子に適わないだろう。それが故フィリピーノのお客さんも日本の餃子なのだと区別は出来るだろう。
CIMG0169.jpg
ここのところ、この餃子もお馴染みさんの間では定番化しており、餃子とチャーハン、餃子とラーメンなんて組み合わせの注文が多くなった。まるで日本の食堂のような注文の仕方になってきているが、ピノイもやはりしっくりした組み合わせは分かるのだろう。それにしてもニンニクたっぷりのうちの餃子、カップルで来ているお客さんも多い中、沢山食べた後で匂いは気にならないのだろうかと余計な心配をする私である。

しかしこのデジブックって文章が要らないほどストーリー化出来るんだな・・・・難点は無料版だと写真の保管が30日だけ、結局有料版にしろということを匂わせているのだろうな。
posted by ショウタ at 00:41| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。