2011年04月26日

Jollibee Squatter店

002.JPG
この道路はラスピナニャスから空港道路に向けて繋がっているCAA・ロードと呼ばれる国道である。以前は道幅が狭く写真右側の塀の中側には一大スクアッターが形成されている。このスクアッターのど真ん中ともいえる場所にJollibeeというファーストフード店がオープンした。
いくらスクァッターの住民と言えどJollibeeには子供どころか大人までここに行って食事をしている。
 
018.JPG
 
上の写真の左側に集まる子供達、素足でこの界隈を駆け回り一日中物乞いをして歩いているような生活状況のようだ。この界隈は何処へ行ってもこうした子供達が徘徊しており、ここJollibeeに来る客相手に先ほども物乞いをしていた。驚くのはこの店のセキュリティー・ガード、ガラスにへばり付き、中で食事をしている人に向かっって盛んに外から物乞いしている子供たちには一向に目もくれない。甚だしいのは入り口近辺で寝そべっている子供でさえ注意もしない。
 
当のご本人は職務などお構いなしで携帯電話でTXTをしまくっていた。まあオーナーサイドの人間に見られたら明日はもう職を失っているか良くて配置換えを食らうことになるだろう。このJollibeeがここに店舗を出したのが正解なのか、不正解なのかは後に結果は出るだろうが、他店と比較してみるとやはり客層が大幅に違うとしか言いようがない。中に入れない子供達の物乞いもセキュリティーガードが代わらぬ限り日毎に増えるであろう。
 
いや、もしかしこのセキュティーガードもこのスクァッターの住人なのかも知れない。自分達の近所に住む子供達を叱責したら親から恨みを買うのかもしれない。ジャンキーやスナッチャー、ホールドアッパーなどの犯罪者集団もこういう場所に潜んでいる場合もある。そうしてみると店を守る為のセキュリティーガードと犯罪者集団が同じ地区に住む、それも妙な話であるが、それは軍人と反政府組織の連中も同じことで、休暇中に一緒に酒を飲んでいたなんて話もある。

いずれにしてもこの世界で700店舗を越す巨大FC店、マニラの市内には更に巨大なスクァッターも沢山ある。その場所には必ずと言っていいほどこの店は存在しているだろう。何れにせよこのJollibeeはフィリピンでは押しも押されもしない大企業ということだけは間違いない。




 
 
 
 
019.JPG
posted by ショウタ at 02:31| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

昨日は開店したが



ホーリーウィーク中だが、昨日はベルダン店を夕方から開店した。心持人通りが少ないが、待ってましたとばかりお客さんが訪れてくれた。
この時期は確かに肉を食べれないとあって(信仰している宗教によっては豚が駄目で鶏肉と牛肉はOK)天ぷらやら豆腐料理などが売れた。

いつものごとく表の一番風通しが良く見晴らしがいい場所に陣取る常連さんたち、そこで目にしたのがカローラの旧車、綺麗に全塗装をかけて整備して乗っていた。クラシックカークラブの一員だそうだが、写真を撮らせてもらった。

本日も夕方からベルダン店だけオープンするが、日曜日、それもキリスト復活の日でもある本日、人も戻ってくるだろう。
posted by ショウタ at 13:26| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

閑散とする街

006.JPG
 
ALAVANG ZAPOTE ROAD 歩道橋上から
007.JPG
 
ホーリーウィーク休暇の初日、街はいつもの喧騒と違い静かなものである。モールや商店も休みに入り、人々は生まれ故郷や他の親戚の元へ、そうでない人たちは海や山へ行楽に出かける。私達も例に漏れず近くのスイミングプールへ・・・・・・・・。
 
段取りは全てスタッフに任せたのだが、過去幾度となくこのようなケースがあったが、又しても・・・・・・・失敗だった(汗)まず場所の選定、元々比較するということに馴れていない彼女達、早い話食べて騒げればそれでいいのだ。食料も必然的に腹が満たせればそれでいいということになる。
 
現場に着いた瞬間・・・・・・・・・・。30分程かけて行った小さな溜池が3個あるような小さな施設、何よりも清潔感が・・・・。しかも予約を入れたという席はプラスチックの椅子とテーブル、屋根がないのでカンカン照りの中で座らなければならない。繰り返し客が’回転しているにもかかわらず飲み食いして散らかりっぱなしのプール脇は恐ろしく汚れている。
 
一番いいのはプールの中と思いきや、丁度プールの清掃の時間とやらで一時間は入れない。仕方なしにテーブル席の周りだけでも掃除をしてくれとリクエストをし、まあ小奇麗にはなった。それから食事タイムが始まったのだが持っていった食料を見た・・・・・・・・・・。きっと人はこれを文化の違いと呼ぶのだろう。ご飯は炊いた釜ごと持参、例のごとく炊いた飯はそのまま攪拌せずに固まりっぱなし、それをべこっと塊で皿に盛り、おかずは・・・・・・。
 
炭や焼くものも持参して行ったのだが私は予感があったので、集合場所であったパレンケでトウモロコシをししこたま買い込んでおいた。結局その焼きトウモロコシを肴に皆が帰る時間までひたすらビールを飲み続けるしか手はなかった。まあ全て地元の人間の中で私一人が日本人、そこで文化の違いを説いても仕方がないので皆がすることに同調していたが、そこで思ったのはまず計画性がなさ、事前に段取りを済ませるということは全くしない。
 
普段どおり飯を炊き、それを丸ごと現場に持っていく。おかずも近くの食堂に行き、出来合いの物を買う。早い話、家で生活している状況が場所を代えたというだけのことである。昨年のこの時期は知人の同業者達とスービックに行った。その際はその知人と私とで仕込みや仕入れを済ませ準備万端で焼き鳥や鍋物、カレーライスなどを現場で調理したのだが、一緒に行った現地の人間は何が始まるのかと目を丸くして見ていた。
 
掛かった経費は昨年と同じ程度、内容は・・・・・・・。しかし相当前の話になるがフィリピンに来がけの頃に家族や知り合いと一緒にこうした場所に出かけるケースが多かったが、いつもこのような感覚があった。つまりフィリピン人の楽しみ方というのは場所を変えただけ、とどのつまり誕生パーティーにしろ結婚式にしろ、洗礼式等々全てが飲み食いをして騒ぐ、内容は全て同じなのだ。
 
この手の催しものは年に何回もあるだろう。その度に同じ金をかけるならもっと違う形式で・・・・・と思うのは我々の日本人が思うだけのことで現地のフィリピーノはこの決まりきった形でないと満足しないのだろう。とにかくそこには、味など度外視した、たらふく食べる食料と会話など出来ないほどの音量のでかい音楽、それに合わせて時折踊る、これがフィリピーノにとっては至福の時なのである。
 
『郷に入れば郷に従え』それがフィリピンで暮らす上ではこういうことなのだろう・・・・・・・しかし経費はほとんどこちら持ちだということも、大概は例外ではない。
012.JPG
※集合場所のパレンケ
 
それにしてもプールでの水着姿の女性を少しは期待していたのだが、これも20年前とは少しも変わらずTシャツに短パン、これだけは何とかならないものだろうか・・・・・。
020.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ショウタ at 13:39| Comment(17) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。